児童養護施設を卒業した子どもたちの自立支援に愛の手を

NPO団体 S.base セーフティベースでは児童養護施設を卒業した子どもたちの支援を行ってます。

子どもたちの自立支援とは

S.base セーフティベースがやろうとしていること。それは児童養護施設を卒業して一人で人生を歩もうとしている子どもたちの自立支援サポートです。

彼らは本来なら親からもらえるはずの愛着がもらえず、親と暮らすことなく人生を独り立ちすることになります。

親からの援助がなく、強制的に18才を過ぎると一人暮らしをすることになります。これを見ていただいている人の中には自身も親からの援助無しで学校に進学した方や一人暮らしを始めた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、彼らは親からの愛情や愛着といった人格形成に大きく影響を与える大切なものを与えられておらず、その影響でコミュニケーションが苦手であったり、心身が不安定な状態であったりする子どもたちが少なくありません。

そのような状態の子どもたちが今まで集団生活で過ごしてきた児童養護施設を離れ一人暮らしをすることは、学校や折角就職した仕事を心身が疲れ果て、継続することが難しい状況に追い込まれることが多々あります。

そして経済的に苦しく夢を諦める子どもたちが少なくありません。

なぜ子どもたちに自立支援が必要なのか

それだけではありません。折角自分で働いて稼いだお金を親から搾取される子どもたちもいます。自分の生活だけで苦しいのに更に搾取され、自分の生活が追い込まれる。そんな子どもたちがいるのも事実です。

また、経済的に苦しい為本来やりたい仕事では無いけれども寮が完備されている為仕方なくその仕事を選んでしまう子どもたちもいます。さらにそういう子どもたちは体調が悪くなり、仕事が出来る状態では無いけれども休んだりやめたりしてしまうと住まいまで失ってしまうため、無理をして働き続けて体調がさらに悪化してしまう子どもたちもいます。

そういう子どもたちには当団体が行う自立支援サポートが必要なんです。

ALL FOR CHILDREN  すべては子どもたちの為に

当団体はそんな子どもたちの夢を応援するために就職支援、住宅支援、進学支援を行っています。

親の同意書無しでの賃貸契約が出来る仕組み作りや大学や専門学校などに進学する子どもたちへ住宅の無償提供。

就職のマッチングのための職場体験の実施や就職斡旋、就職した後も安定して働ける定着支援など行っています。

そんな私達に是非皆様の温かいご支援をお願いします。

そしてご支援をいただいた方には当団体が行う活動状況をメールなどでご報告させていただきます(児童養護施設の名前や子どもたちの名前などは伏せさせていただきます)

子どもたちの夢が叶う様子を一緒に応援していきましょう。

そして

子どもたちが夢を叶える瞬間を一緒に見届けましょう。

そんな体験をこの支援でしてみませんか。

皆様の温かい経済的支援を心よりお待ちしております。

S.base セーフティベース 代表 山中孝一

ご支援の使い道

皆様からの経済的援助は児童養護施設や子どもたちの夢の支援に使われています。その他、当団体の活動資金(ホームページ運営資金、クラウドファンディングサイト運営資金、ボランティア募集サイト運営資金、愛着障害セミナー開催会場費、ボランティア説明会会場費など)に当てさせていただきます。

支援者様一覧

服部香料株式会社様 http://hat-kaori.co.jp/

M様

温かいご支援ありがとうございます。

更新日:

Copyright© 特定非営利活動法人セーフティベース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.